おもしろきこともなき世をおもしろく

自分の好きな人やものについて書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スキャットマン・ジョンについて


プロフィール
スキャットマン・ジョンは吃音症で、自らが抱える吃音症の問題をスキャットにしてダンスミュージックとの融合を果たした。

当初はジャズピアニスト・ジャズシンガーとして活動していたが、52歳で歌手としてメジャーCDデビュー。メジャーデビューアルバム『Scatman's World』は日本やヨーロッパ諸国など全世界で600万枚以上を売り上げた。自身の障害を逆手に利用した、模倣が困難な独自の歌唱法で各国のチャートNo.1を飾る。大半の曲の歌詞に「Scatman」という言葉が頻繁に入るのが特徴である。

音楽活動以外では、吃音者支援組織との交流を深め、彼らを支援するためのスキャットマン基金を設立した。1996年、吃音者社会に関して著しい功績を与えたとして、チャールズ・ヴァン・ライパー賞を受賞。

1999年12月3日にロサンゼルスで喉頭癌のため死去。57歳没。


Everybody Jam!




Scatman's world

スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<計画通り!!! | HOME | あ・・・まちがえた>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。